09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
力、嵐、破局
GMP作品


注意:今回、動画紹介というよりは、
ぶっちゃけ、「俺とレイシリーズ」な記事に仕上がっておりますので
STG馬鹿の自分語りなど読みたくないという方は申し訳ありませんが退避の程、
お願いいたします。


元ネタ:レイクライシス(1998年、タイトー)

(バックストーリー、ニコニコ大百科より転載)
世界中のコンピュータネットワークが連結され、人と機械の領域の境を埋める技術、
ニューロネットワークシステム“Con-Human”が完成。
それによって生み出された技術との連動により、世界は資源革命を迎え、
機械世紀(M.C.=Machinery Century)が始まった。増加する人口対策として
惑星間航行技術を手にした人類は、惑星開拓に希望を託し、多くの船団を
宇宙へ派遣し、探索を開始した。それから、約1世紀が経とうとしていた……。

M.C.0098
外惑星探査船団の報告により、外惑星植民計画に適合する惑星は発見されず、
計画は事実上凍結せざるを得なかった。この為、同時に並行して進んでいた
衛星セシリアへの移民計画に、方針は一本化された。この結果は“Con-Human”に
新たな人類存続の方法を模索させることとなり、「永久的な人類存続」という命題と
その方法の欠落というパラドックスは、
やがて“Con-Human”の異常動作の引き金へとなっていく……。

M.C.0108
機械神経学者のレスリー・マクガイアは、クローンと“Con-Human”を接続し、
有機体と無機体の整合性理論の実験を行っていた。
しかし、その実験の途中で突然“Con-Human”が接続を拒否、クローンの意識体は
ネットワーク内にとりこまれてしまう。実験の過程で“Con-Human”は人類存続の方法として、
人類と機械との「融合」に新たな可能性を見い出し、意識と機械との「融合」から発生した
擬似生命を守るべき種と判断。人類の排除(人体と意識の分離)を選択したのである。
この実験の直後、“Con-Human”は世界中の軍事施設を用い、人類の大量虐殺を開始した。
暴走を食い止めるため、レスリー・マクガイアは自らも“Con-Human”に連結、
ニューロネットワークとの接続媒体“Wave Rider”を使用し、ネットワーク内に侵入した。
擬似映像化されたネットワーク世界で、彼はクローンの意識体を発見する。
しかし、すでに意識体は新しい生命種として、自己保存のためにネットワークへの
侵入者に対して無差別に殺戮を開始、
最後の砦たる“Con-Human”の非常制御用プログラムをも侵食し始めていた。

はたして、この暴走を食い止めることができるのだろうか?

それとも……。運命の分岐点はすぐそこまで来ている……。

-----------------------------------------
以下格納 ↓
毎回、元ネタを知ってるシューターをグッとさせてくれるGMPだけど、
今回はレイシリーズの中でも最もマイナーな「レイクライシス」を持ってきた。
作品単体の説明だけでも良さそうなものなのだけど、
STGを語る上で大きな位置を占める作品だけに、シリーズとしての歩みと
世界観をシリーズを知らない人にも知ってもらいたいと思い、
今回はシリーズ3作品の紹介を個人的思い入れとニコマスMAD紹介と共に語りたいと思う

レイフォース(1993年、タイトー)


シリーズ第一作。この作品の時点でシリーズの根幹要素は全て完成している。

・最大8箇所を同時にロックオンして攻撃する「ロックオンレーザー」
・ロックオンレーザーの同時ロック数に応じて、破壊した敵に倍率がかかる点数システム。
・卓抜した演出によるストーリー性。
・河本圭代氏による印象的な音楽。

兎に角、このゲーム、その全てが「カッコ良くて面白い」。
この一言に尽きるのでは無かろうか。

画面に対して大きめの自機や、緊急回避用として、また必殺の一撃用としての
「ボンバー」が無い等、昨今のゲームに比べると旧態依然な印象を与えるが、
その難易度バランスは絶妙で、実は筆者が1コインクリアを達成している数少ない
STGの1つであったりする。

その素晴らしさを逐一全て書いていたら、それだけで13000字を
突破しそうな勢いなので、見所だけさらっと書いておきたい。

アトラクトデモ:
筐体が混んでいなければ、プレイ前に必ず見て
テンションを上げるのが現役稼動時の作法だったw。
特にコックピット視点での多重ロックオンがかかる辺りは実に燃える。

コイン投入時:
無論、30秒は聞いておきたい。
単純な旋律の繰り返しと侮るなかれ、このBGMで気分は既にCLSに接続位の
気合で望むのが基本と言うものだろう。

1面:
初プレイ時は「Penetration」のイントロで魂持っていかれた。
今でも基盤音源を聞くと半分くらい魂持って行かれる。
序盤だけに敵の攻撃は温いが、それだけに曲を堪能したいものだ。

2面:
実は序盤の雑魚で死ぬことが結構多いw。
ボス前の味方艦隊全滅は涙無しでは見られない・・・。

3面:
大気圏突入の格好良さは素晴らしいの一語に尽きる。
BGMと効果音の同期が半端無ェんだ!。

4面:
片足落としでしか倒してませんw。
実は僕の中では印象が薄い面なのです。

5面:
地下都市へ突入。BGMと相俟っての疾走感が堪らない。
でも、最大の見せ場は、エレベーターシャフトを降下しながらの
対「オーディン」戦だろう。

6面:
BGMが最も好きな面。
オーディンとの激戦を生き残った後、「MOBIUS」のミステリアスな
イントロと悲しげなサビ、そして容赦ない攻撃が最高だw。

7面:
最終面、ここまで来た時は「ここまで来たんだ」という高揚と、
それを打ち消すようなBGMの対比に凄いトリップ感を覚えた記憶がある。

ラストボス、エンディング:
初到達時はギャラリーと「うわああああああああっ!」と、驚きの声を上げた。
残機0で必死に撃ち込んで、遂に撃破・・・そして・・・
あの、あまりに静かで悲しい幕切れ。最後のシステムダウンには泣いた。

で、動画のお話。GMP、これで6作目なんだけど、この後の「CHAOS」から、
よりエフェクトバリバリ路線に移行しているので、このシンプルな構成が
レイフォよりもアイマスPVとして見られる感があるなあと思う。

レイストーム(1996年、タイトー)


シリーズ第2作、フルポリゴンによる迫力ある3D描写、空中物にもロックオンレーザーが使用可能
緊急回避、必殺の一撃としてのスペシャルアタック(ボンバー)の導入、
前作の倍の16ロックオンが可能な新機体登場など、前作からのファン感涙の新要素の導入で
3D格闘全盛のアーケードゲームの中で健闘したと言えるだろう。
ちなみに1996年はアーケードSTGの当たり年で、バトルガレッガや19XXなど、
本作も含めて稼ぎの熱いゲームがリリースされていた。
しかし、難度も前作からかなり上昇、5面のクレージービット地帯は正直トラウマですw。
筆者はゲーセンでは6面が限界でしたw。家庭用で敵は討ちましたが、それでもコンティニュー使用という情けなさw。
BGMは前作から正常進化。ステージBGMは4面、ボスBGMは4・5面がとても好きでしたね。
あれだけ激しい艦隊戦なのに、スローテンポのBGMが会うって凄いよね、と。

動画は7面BGM「slaughter hour」から、
「CHAOS」や「ADAM」を経て、アイマスPVから、ズンタタPVへと作風が移行していくのが伺える。

レイクライシス(1998年、タイトー)


シリーズ3作目にして、最終作。
・・・なんだけど、ぶっちゃけ巷の評価、および僕個人の評価は残念な作品だと思っていた。
繰り返しプレイを強要させられるような仕様が嫌だったんだね、正直なところ。

だけど、


このスーパープレイを見て、評価改めました。
ここまで極められるものかと、まったく自分はシューターとして甘かったと思いましたね。

で、スーパープレイを見た上でGMP作品を見ると、
ゲーム画面使ってるわけじゃないのに、レイクラのPVなんだと感じさせてくれるのが凄いんだ。

WS000001_20100204010234.jpg
電脳空間へ「ダイブ」していく様を想起させるカウントとか、

WS000002_20100204010247.jpg
無機質な背景から一転、水中をイメージした場面への転換とか、

WS000003_20100204010305.jpg
その音楽と雰囲気だけで、踊っているのは「天海 春香」ではなくて、「ドナ」嬢ではないのか
と思わせてしまうような「何か」が、この作品にはある。

この曲、実は10分以上ある壮大な曲なんだけど、
ここで「暫定版」と銘打っている以上、いつかは完全版を出してくれることを信じて、
その時はもっと僕たちを驚かせてくれることを期待してこの記事を締めたい。

期待してるぞ!GMP!





スポンサーサイト

シューターホイホイTB(0) | CM(3) | top↑
<<これは凄いカップリング | Home | 神曲か・・・>>
comments
またプレッシャーがww
【2010/02/04 13:00】URL | GMP #-[ EDIT]
熱いレヴューご苦労様です。

うちの周りには、二駅離れたゲーセンにしか置いてなくて。ロックオンレーザーの軌跡や、Penetrationの為に自転車を走らせたのも良い思い出。
とにかくカッコイイですよね~。
2面の演出を観ると今でもクラクラします。

レイストームHDが待ち遠しい。
【2010/02/04 13:13】URL | 通りすがりのニコ厨 #-[ EDIT]
Re:
いかにんじん>
ゆっくりつくっていってね!
あ、第一子誕生記念動画と銘打つのもいいな(爆)。

ニコ厨さん>
本当、レイシリーズはうっかり語りだすと止まらなくなるので…。
自分もMAD一本作ったしw。
地元が学生街だったので、ゲーセン何件もあってパラダイスでしたねw。

コメント、ありがとうございました!
【2010/02/06 08:17】URL | wingeddeath #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

wingeddeath(春雨バナナ君P)

Author:wingeddeath(春雨バナナ君P)
B級シューター兼ニコマスPです。

好きなシューティング
メタルブラック
パンツアードラグーンツヴァイ

自作品リスト


im@shooting全作品リスト

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。