10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
1週目リベンジ(其の三) どう見てもデンドロビウムな何か
次回はと言いつつ、やたらと横道に逸れまくることに定評のある私です。
さて、第3回は



元ネタ:サンダーフォースⅤ(1997年 テクノソフト)
          ゼロの使い魔 夢魔が紡ぐ夜風の幻想曲
          (2007年 マーベラスエンターテイメント)
これも10年前の作品なんですねぇ。
つい最近の作品だと思ってしまう私は正しくおっさんなんでしょうねorz。

サンダーフォースシリーズは今から25年前(!)の1983年に
パソコン用として1作目が発表され、その後、17年間に渡り5作品(+α)が発表された
シューティングゲームです。

シリーズの特徴として、

壮大なストーリー
複数の武装を使い分ける戦略性
高度な技術による卓越した画面演出

が挙げられます。
(ただし、あまりにも強力な武装があるシリーズ作品もあり、
ゲームバランスの上で苦言を呈されることもあります。)

1と2はパソコンで、3と4はメガドライブで、5はセガサターンで、
6(仮)はドリームキャストでそれぞれリリースされ、特に3以降はセガハードの
キラータイトル的な位置付けもされていました。

サンダーフォースⅤは、シリーズで初めて3Dポリゴン描写を取り入れ、
格好良さを追求した画面演出とBGMが好評を博しました。
その人気は当時のサターン専門誌の読者人気投票で1位の座を獲得する程で
その当時のセガハードユーザーの気質を感じ取れます。

ちなみにⅤリリースの約4ヵ月後にアインハンダーがスクウェアからリリースされ、
SS・PS両ハードを代表するシューティングが揃い踏みしました。

ここからはいつものように動画と元ネタのコラボを解説していきましょう。

タイトル:どう見てもメガホン的ななにか
このタイトルにもネタがあります。
自機「ガントレット」の使用できる武器に「フリーレンジ」という物があります。
この武器、本来は広範囲攻撃用の武装で、威力もさほどではない(筈だった)のですが、
至近距離で撃つことでボス敵さえも瞬殺出来てしまいます。
これを使用する際は、コーン(<)状のレーダーが表示され、レーダー内に入った敵を自動的に
攻撃、破壊するようになっていました。
このレーダーがメガホンに見えるわけですね。

1:00~1:20 オープニング
ツンデレ砲っす→TUNDERE FORCE 211
サンダーフォース→THUNDER FORCE 221
やっぱり強引にも程がある

1:20~ ブリガンイオリ合体
サンダーフォースⅤではロボットアニメでいうところの後期メカへの換装演出があります。
1面から4面までが、初代自機「ガントレット」を駆って戦い、5面冒頭でコクピットユニット以外
をパージして、後期自機「ヴァンブレイス」と強化ユニット「ブリガンダイン」に換装するのです。

2:07~2:16 背景オブジェ
ここは上下に凸凹状の背景オブジェがかかりますが、2つの凸凹のラインの流れるスピード
に差をつけ、疑似的に奥行きを再現しています。
コメントにあるラスタスクロールとはこの演出技法のことを指しています。
ちなみにこの演出はストリートファイター2以降の格闘ゲームでもよく使われています。

2:38 翼を広げて飛び立つ機体
この映像は元ネタのEDの最後、飛び立つRVR-02「ヴァンブレイス」です。

2:40-2:54 緑の背景オブジェ
この背景は元ネタのステージクリア時のローディング画面で、
元ネタのラスボス「Guardian」の中枢部分という設定です。
Guardian’s Heart故に、手にハートの形を作る振り付けを伊織にさせているんです
この辺はさすがの芸の細かさですね。

3:25~ 765Pro Original登場 警告画面
この場面でゲーム画面に登場する敵機は、前作サンダーフォースⅣで自機として
登場したFire Leo-04”RYNEX"です。
サンダーフォースⅤの自機はこの機体を復元、改良したものだったのです
この機体を人類がサルベージしたことがサンダーフォースⅤの全ての始まりでした。

765プロはさしずめ小鳥さんが全ての始まりだったのでしょうかw

元ネタではステージボス登場時に自機の管制システムから警告が表示されますが、
動画でもそれに準拠した形で警告画面が表示されています。

Area Guard Name:765pro Original
That was when it all began(全てはここから始まった)
Weak point:Age(弱点:年齢)
Weapon
Yasasisa ni tutumareta nara ×1(優しさに包まれたなら)
Kamisama no birthday ×1(神様のバースデイ)
Sora ×1(空)
Id:[ol] ×1
I ×1

MA Finale曲名に準拠した武装表示の芸の細かさが凄いのと
さり気に弱点が惨いwww。

3:35 Duel Of Top
この曲もサンダーフォースⅣのオープニング曲のアレンジ版です。
一瞬だけカットインされるメガドライブ版の画面と併せ、非常にみなぎってくる演出です。

4:18 ブリガンイオリ、パージ、ヴァンブレイオリに
強化ユニットのブリガンダインですが、一定の耐久力が設定されており、
それを超えるダメージを受けると、ブリガンダインをパージし、
本来の姿であるヴァンブレイスが姿を現します。
伊織も鎧とバイザーをパージし、ヴァンブレイオリに変形していますね。

4:54 いおりんのOWマジ最高! そして決着
元ネタでは、クロー(ファンネルの類と思ってください)を消費することで
武装を強化して使用することが出来ます。これがOW(Over Weapon)です。
オリジナルから生まれたものが、オリジナルを超え、それを打ち破る。
元ネタでの最高の名場面です。

補足:ゼロの使い魔 ファンタジーフォース
冒頭のアレはPS2用ソフト「ゼロの使い魔 夢魔が紡ぐ夜風の幻想曲」限定版に
同梱されたシューティングゲームです。その音楽や画面など80年代テイストが唸る
謎作品となっています。

えーと、どんどん長くなっているわけですが、流石にこれ以上長くなることは
無いんじゃないかな。(汗)
次回は銀河一後方に強いアイドル、真キュンの予定です
スポンサーサイト

怒首領蜂PTB(0) | CM(0) | top↑
<<見る専祭り 後夜祭(そのよん) | Home | 俺ホイホイ>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

wingeddeath(春雨バナナ君P)

Author:wingeddeath(春雨バナナ君P)
B級シューター兼ニコマスPです。

好きなシューティング
メタルブラック
パンツアードラグーンツヴァイ

自作品リスト


im@shooting全作品リスト

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。