09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
1週目リベンジ(其の二) 掘って、奪って、ブチ壊せ!(オーディション的に)
さて、1週目リベンジ、第2回は



元ネタ : アインハンダー(1997年作品 スクウェア)
この作品をwikiで紹介した時、ウィキペディアの記事を鵜呑みにして
キングスナイト以来のシューティング作品なんて書いてしまったんですよ。
直後の作者※、反応早かったですね。
即直しましたが、直した内容にもバグがあってorzとなりました。

キングスナイトは「フォーメーションRPG」です

ちなみに、スクウェア開発の「シューティング」ジャンルの初作品は「JJ」となります。
(とびだせ大作戦は3Dアクションだそうです。ちなみにスクウェア開発にこだわらなければ
初シューティングはテグザーになります。(開発はゲームアーツ))

さて、また横道に逸れてしまいました。

アインハンダー、この作品はスクウェアが始めて手がけた2Dシューティングになります。

発表前年には、ライジングから「バトルガレッガ」・「蒼穹紅蓮隊」、セイブ開発から
「雷電ファイターズ」、同年にはケイブから「怒首領蜂」が発表され、「弾幕系シューティング」の
時代が到来していました。

そんな中で発売された本作は、ゲームの作りとしては先に紹介したメタルブラックにも似て
地球からの独立を勝ち取ろうとする月面国家と既得権益を手放そうとしない地球との
全面戦争とその結末を描く、ストーリー重視の作りをしています。
また、音楽の評価も非常に高いです。各面のBGMがきちんと1ループで1面終了するように
なっており、その場面での盛り上がりをきちんと計算した曲調になっています。

当時は「ノンブレイク・シューティング」と銘打たれ、ステージ間やボス登場前での
ディスクの読み込みなどによるゲームの停止が一切無い構成になっており、
BGMや各ステージ間で入る戦闘指揮用軍事衛星からの通信でストーリーが語られます。

と、このようにスクウェアらしい非常に丁寧な作りで発売から11年近くを経た
現在でも多くのファンを得ているタイトルです。

ここからは、前回と同様に動画内でのネタ解説に移ります。

0:13 First Stageを選んだら・・・なんぞこれ?
この曲は、ゲーム開始冒頭の1面のテーマ「帝都[CAPITAL]」です。
確かにFirst Stage=1面て解釈できるが、強引過ぎだろ常考www。

0:58-1:58 オープニング
ここはいちいち説明するよりは、こちらをご覧になって比較してください。
あまりの再現度の高さに感動です。


2:00- PV
PV内で曲名は出ていますが、1・2・4面ボスのテーマ「戦慄[SHUDDER]」です。

2:58- 765プロより緊急指令
Stage5クリア時に緊急指令が入電し、敵の宇宙戦艦を追撃する様、
命令をを受け、成層圏を越えて熱圏まで敵を追い続けます。

3:10-3:35 雪歩が3人、赤い雪歩

アインハンダーはデフォルトで3機の性能の異なる自機を選択するのですが、
この場面での雪歩はその3機体を表現しています。

中央:エンディミオン FRS.mk2
いわゆる標準型の機体です。ガンポッド(特殊兵装)の携行数が最も多い機体で
携行ガンポッドの切り替えで多様な状況に対応できる汎用性が売りです。
 右:エンディミオン FRS.mk3
初心者向け機体です。固定武装を強化し、ゲームに不慣れな人でもそれなりに
使いこなせる機体ですが、携行ガンポッド数が1個と少ないため、汎用性は低下しています。
mk2とはカメラアイの形状で判別でき、mk2がツインアイ、mk3はバイザー型に
なっています。動画中でも右の雪歩はサングラスをかけているのがお分かりでしょう。
 左:アストライアー FGA.mk1
ガンポッドを2種同時に使用できる上級者向け機体です。
ガンポッドの組み合わせ次第で驚異的な攻撃力を発揮できる反面、
組み合わせを誤ったり、ガンポッド取得に失敗すると途端にピンチを招きかねないという
リスクも併せ持っています。
動画中ではドリル(固定武装)を持たず、両手が開いています。
ガンポッドを2つ同時に持てる特長を再現したのでしょう。

赤い雪歩:アストライアー FGA.mk2
条件を満たすことで使用できる隠し機体です。
mk1同様、2つのガンポッドを同時に携行、使用ができます。
最大の特徴はガンポッドの携行弾数が9999発で固定されていることです。
当然、使用すれば減っていきますが、再度取得すると9999発が補充されます。
ま、言ってしまえばチート機体と言って間違いないのですが。

4:10- オーディション結果発表、そして・・・
合格発表直後の小鳥さんよりの入電は、6面クリア時に
無人指揮衛星「HYPERION」から入る通信の内容のパロディです。
これも一々説明するよりは下の動画をご覧になって比較してください。
13:35からが対応するシーンです。


実はゲーム本編はここからが真のクライマックスで非常に燃える展開です。
先の紹介でも書きましたが、最終決戦のパロディもいずれは見てみたいですね。

原作未経験の方は、これを機に是非プレイして頂きたいですね。
スクウェア故の強みか、出荷本数も多く比較的安価で入手できます。

次回はある意味続編的な伊織編です。
スポンサーサイト

怒首領蜂PTB(0) | CM(0) | top↑
<<あるつPホイホイ | Home | 見る専祭り 後夜祭(そのに)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

wingeddeath(春雨バナナ君P)

Author:wingeddeath(春雨バナナ君P)
B級シューター兼ニコマスPです。

好きなシューティング
メタルブラック
パンツアードラグーンツヴァイ

自作品リスト


im@shooting全作品リスト

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。