07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
聖刻への誘い、その1
さて、今後このエントリではドワーフPの聖刻765シリーズを勝手に支援する目的で
聖刻世界の解説を行っていきます。

1.大陸西方域について

既に解説動画でも語られておりますが、聖刻世界の舞台「アハーン大陸」は
大きく分けて3つの地域(西方・中原・東方)に分けられています。

以下格納
冒険の舞台「西方」は更に「西方北部」・「西方西部」・「西方南部」の3つに分けられます。
また、特筆すべき国家、地域として、「マバディ島」・「ダカイト・ラズマ帝国」があります。

西方北部:
穏やかな気候と肥沃な大地の恩恵を受け、農耕が発達し
高度な文明が発達した先進地域です。
時代背景は違いますが、西欧先進国がイメージには近いです。
しかし、近年では「ダカイト・ラズマ帝国」の侵攻を受けて、各国が
軍拡に奔りつつあり、不安定な情勢になりつつあるようです。

西方西部:
北部域とは打って変わって厳しい気候と痩せた大地が横たわり
国家の興亡が頻繁に起きている地域です。
近年では海洋貿易の中継を行うことで成長を遂げる国もあるようです。

西方南部:
かつては北部域や西部域からの流刑地とされた未開地でしたが
流刑者や一攫千金の希望を持った流れ者たちが逞しく開拓を行い、
多くの新興国が興っています。
また、未開の遺跡が数多く存在し、財宝目当ての冒険者たちが多く入り込んでいます。
「聖刻765」も主にこの地域を舞台に展開していくものと思われます。

「聖刻765」の舞台となっている「アレイ・モア王国」は西方南部域でも比較的歴史の古い
「旧王朝地域」に存在し、東方・中原を結ぶ交易路(カグラ・ルート)の終点に位置しています。
交易路の終点と言うこともあって他国との貿易で栄えており、多くの旅人が集う国です。
また、この国は西方南部にあって唯一の「古王朝」
(かつてこの地に繁栄していた古代文明の流れを汲む国家のこと。
1000年以上の歴史を持ち、古代文明の遺産を保有していることが多い)
であり、地域内での発言力も大きいものがあります。

マバディ島:
西方の北の果てに位置し、西方で一般に崇拝されている宗派「ペガーナ」の
聖地です。北の果てにあるとは言っても、暖流の影響で比較的に温暖な気候に
恵まれており、最果ての聖地と言うイメージからは一寸外れるかもしれません。

ダカイト・ラズマ帝国:
シナリオ開始時点から20年ほど前に突如として勃興した新興の軍事国家です。
新興国でありながら、多数の「操兵」と合理的戦術で西方北部の列強諸国を次々と
打ち滅ぼし、いまや「北辺の大帝国」とまで称される大勢力になっています。
この大帝国に対し、西方北部の列強諸国が連合軍を組織して反抗した為、侵攻は
一時的に止まっており、戦乱は小康状態を保っています。
しかし、水面下での活動(諜報や暗殺など)は寧ろ活発化しているとも言われており、
予断を許さない状況であると言えます。
因みに、ダカイト・ラズマで侵攻されている宗派「テグマト・ドラゴナス」
(黒の崇神という意味だそうです)は上記した「ペガーナ」の宗敵とされており、
現在の戦乱はいずれ西方全土を巻き込んだ宗教戦争になると言われています。

さて、最後がやたら物騒な内容になってきましたが、そういう世界だからこそ、
冒険者の活躍する余地もあるんですよね。

次回は西方世界の冒険者たちについてお話します。
スポンサーサイト

聖刻765TB(0) | CM(0) | top↑
<<聖刻への誘い、その2 | Home | 聖刻765>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

wingeddeath(春雨バナナ君P)

Author:wingeddeath(春雨バナナ君P)
B級シューター兼ニコマスPです。

好きなシューティング
メタルブラック
パンツアードラグーンツヴァイ

自作品リスト


im@shooting全作品リスト

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。