07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
1週目リベンジ(其の一) 19th moon
次回はあるつPと言っておきながら、横道に逸れまくっております。

ティンと思い立ったので、1週目リベンジと称し、
よりディープに怒首領蜂P作品を語っていきたいと思います。

元ネタのゲームとの絡め方や、元ネタのゲームの解説も、より突っ込んだ形に
記事タイトルも題材のゲームと関係のある題名を用意しました。

第一回は、



元ネタ : メタルブラック(1991年 タイトー作品)
タイトーのシューティングを語る上で、欠かせないクリエーターがいます。

「仙波 隆綱」氏

アニメに詳しい方なら「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の作画監督として
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

彼が手がけたゲームは「プロジェクト ガンフロンティア シリーズ」と銘打たれ、
今までのゲームにおいてあまり重要視されていなかった「演出」を重要視する
つくりで当時の一般的なゲームとは一線を画す出来でした。

本作「太鼓の達人収録記念的な何か」(以下「本作」)は、
プロジェクト ガンフロンティア第2作「メタルブラック」(以下MB)を
題材にしています。

MBが16年前のゲームなので、元ネタがさっぱり判らないという方もいらっしゃるでしょう。
まず、ゲームタイトルのメタルブラックですが
これは「宇宙からの侵略者に対して、純然たる自由のために軍が行う総力戦」と
その作戦遂行に必須となる4つのセクション、そして最終セクションをあわせた
プロジェクト名という設定です。

作戦プロジェクト名 The METAL BLACK

Militaly

Enforce

Tortalwar for

Absolute

Liberty


(純然たる自由のために軍が行う総力戦)

作戦遂行の為の4セクション

Beam(火力)

Lesson(パイロット育成)

Aircraft(無限飛翔機)

Carrier(航空母艦)

最終項目

Kill off(敵の殲滅=最終作戦)

この最終作戦は、2万機のブラックフライによる木星にあるとされていた
敵本拠への反抗作戦でした。

4項目を満たす為、軍は絶望的な戦いを続け、遂に対抗兵器「ブラックフライ」の
試作機を完成させ、最終項目への道が開けたのも束の間、
政府は突然、全プロジェクトの中止を命じます。停戦和平協定の名の下に。

地球は死に、沈黙の時代が訪れようをしていた。
しかし、一人のテストパイロットが「ブラックフライ」を強奪、
単身、侵略者に対して反旗を翻していく、目指すは木星にあるとされる敵の本拠地。
そこに何が待っているのかを知る由も無く・・・。

以上がMBのサイドストーリーになります。本作の1:00過ぎから始まるストーリ紹介も
これに準じています。

ここからは、動画の時間毎に出てくるコラボネタを解説していきます。

0:27~0:51 warnning音、ネメシスやよい登場、宇宙ビームで真、退場
最初のwarnning音はMBのステージボス登場前の警告音です。

ネメシスやよいが宇宙ビームで真を退場させるのは、MBに登場するボス敵が
強力なビーム兵器を使用するからです。

0:59~1:50 砂漠と化した海、JUNIENの発見、CF-38\ブラックヤヨイ
砂漠と化した海は、MBのストーリーデモで見ることが出来ます。
JUNIENはMBのパワーアップアイテム、「New Alone」のパロディです。
CF-38\はCopyFighterの略で、MB本来の自機「ブラックフライ」の
形式番号がCF-345です。
形式番号が示すように、この機体は敵の兵装システムを解析、模倣した物で
敵ボスは自機が使用するビーム(ショット)を同じビームを打って攻撃してきます。
回っているやよいが最初白黒の線画で少しずつ色が付いていくのは、
ゲーム開始時のオープニングデモのパロディです。
(MBでは逆にカラーで書かれたブラックフライがワイヤーフレームに変化します。)

1:58-2:00 最終平和アイドル、僕らは、もう、引き返せない
MBのキャッチコピー「最終平和兵器、僕らは、もう、引き返せない」の
パロディです。

2:02 曲名表示
MBでは、ステージ開始とボス戦開始冒頭で曲名を画面右下に表示する
演出があります。
「Dual Moon」はMB2面のBGMです。
Metal Black -The First-とは1997年に発売されたフルアレンジアルバムで、
現在でもiTunesで購入することが出来ます。
どちらかと言えば暗い曲調が多いMBのBGMの中で、アップテンポで
ノリのいい曲で、作曲者による別アレンジ版も存在します。
(今となっては激レア音源ですが)

4:05 BGM切り替え、オッドアイの猫千早

「time」はラストボスでのBGMです、ラストボスを瀕死(または自爆直前)に
追い込むと、オッドアイの猫が背景に登場します。
この猫については、明確なストーリー上の位置づけはされていませんが、
「歴史の証人」と言う解釈がファンの間では為されています。


4:16-4:40 ネメシスヤヨイとブラックヤヨイのビームの打ち合い、
        そして崩壊する765プロ、眠りにつくブラックヤヨイ

MBの最大のウリがこのMAXビームによるエネルギー干渉です。
ボスが撃ってきたビームを自機のビームで打ち返すと、エネルギー干渉が発生し、
巨大なエネルギーボールが発生します。
このエネルギーボールはエネルギー干渉で負けた方に向かっていき、
ダメージを与え続けます。(負けたのが自機の場合、当然自機に向かってきます。)

最終ボスを倒すと、本作の演出の後に地球が真っ二つに崩壊する画面が表示されます。
この地球崩壊も、本当に地球が崩壊してしまったのか、
それとも最終ボスが見せた幻影なのかは、はっきりしていません。

その後のエンディングではブラックフライに登場していたパイロットが
膝を抱えたまま消滅すると言う非常に意味深な最期を遂げています。
ブラックヤヨイも、ネメシスヤヨイを倒した後、永遠の眠りにつくのでしょうか。

最後のBGMはMBのネームレジスト曲です。ちなみにゲームクリア時は別の曲が流れます。



さて、延々と語ってまいりましたが、何だこの長さ。
我ながら自重しないにも程があると言うものです。

と、いうか、せめてスクリーンショット位は用意したい物です
色々勉強が足りませんね、もっと精進します。

こんな長文エントリに最後までお付き合いいただき、有難うございました。
次回以降もこのノリでやっていきますので
どうぞお見捨てにならず、お付き合いくださいませ。

蛇足:本エントリのタイトルにある「19th moon」とは、メタルブラックのサウンドトラックCDのジャケットイラストに書かれた文字です。
スポンサーサイト

怒首領蜂PTB(0) | CM(0) | top↑
<<見る専祭り 後夜祭(そのに) | Home | 行くぜ後夜祭だ!(そのいち)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

wingeddeath(春雨バナナ君P)

Author:wingeddeath(春雨バナナ君P)
B級シューター兼ニコマスPです。

好きなシューティング
メタルブラック
パンツアードラグーンツヴァイ

自作品リスト


im@shooting全作品リスト

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。